消費者金融から素早くキャシングする方法

ポイントの画像

消費者金融のキャッシングは即日融資が当たり前になっていますが、どの業者にいつ申込んでもその日の内にお金が手に入るというわけではありません。

 

申込者の属性情報や希望金額などによって審査に時間のかかることがありますし、締め切り時間の早い業者もあります。

 

確実に当日の借入を希望する場合は、平日の午前中に申込むことが重要です。大手消費者金融はどの業者も審査が早く終わりますが、在籍確認の関係上、土日曜や夜間の申込においては即日融資を受けられないこともあります。

 

ところで、最近はインターネットから申込む人が多くなっていますが、インターネットからの申込の場合は審査通過後、自動契約機でカードを受け取る方法と、銀行口座への振込キャッシングの2つの方法があります。

 

自動契約機の利用においてはすでに審査が終わっているため、すぐに契約手続きに入れることから、カードの発行までに1時間も掛かりません。

 

また、自動契約機のそばには必ずATMがあるので、その場で借入ができます。なお、通常は申込んでから数十分で審査結果の連絡が入るので、自動契約機が近所にあれば申込後1時間半程度で現金を手にできます。

当日に振込で借りたい人は平日14時までがライン!

一方、振込キャッシングを利用する場合は、申込手続きが銀行の処理時間までに間に合わないと、当日の入金ができません。

 

例えば、プロミスとモビットにおける当日振込の締め切り時間は平日の14:50であり、アコムは平日の14:30(但し、ゆうちょ銀行は14:00)、ノーローンは平日の12:30になっています。アイフルは締め切り時間が不明のため、その時の状況によって左右される傾向があります。

 

カードローンの審査時間を考慮すると、締め切り時間の2〜3時間前までに申し込むことが必要です。

 

ちなみに、消費者金融と提携している銀行の口座を振込先に指定すると、何時に申込んでもその日に振り込んでもらうことが可能になります。

 

例えば、プロミスは三井住友銀行かジャパンネット銀行、アコムとノーローンは楽天銀行が振込先であると、24時間の振込キャッシングに対応しています。なお、アコムは新規契約者に限り、初回の振込先が三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行の場合は、当日振込の締め切り時間を18時まで延長しています。

 

いずれにしても、内勤のサラリーマンの場合は平日の勤務中に時間を割くのは難しいでしょうから、前日の夜か当日の朝にインターネットから申込をしておき、審査結果の連絡が来たら昼休みにインターネットで振込依頼をするか、会社帰りに自動契約機に行ってカードを発行してもらうのが現実的です。