人への贈り物

皆さんは人の誕生日やお祝いなど何か相手にプレゼントや贈り物をする機会があると思いますがどのように贈りますか?
プレゼントや贈り物ってその相手によって金額の相場やその内容によって金額が変わっていくと思います。
でもどんな時でも相手に贈るからにはある程度見栄を張りたいとはおもいませんか?

 

人に贈るのに「けちだな〜」なんて思われたりするのが嫌だなっておもいませんか?
そのためには上手にお金を使っていく秘密があるんです。

 

初めに祝い金として現金を上げる場合は例外とします。
その相場に合わせて贈るのが最もケチとは言われにくいでしょう。
例えば結婚式の祝儀とかですよね。
一般的には3万円と言われています。
私の知っている人は祝儀に1万円という人がいました。
しかもそれなりの年齢で・・・
正直ケチだな〜の一言でした。
このように相場が決まっているようなものはそのラインで現金を贈るのがお勧めです。
現金が必要な人はオリックス銀行カードローン審査の傾向と対策!まとめも解説を参考にしてみてください。

 

では誕生日やプレゼントなどです。
このようなときに分かれるのが物を贈る人、または現金や商品券を贈る人にわかれるでしょう。
相手の好みがわからなくて物を贈ることができなくて現金や商品券にするかたもいるでしょうがこれって金額がばればれになるのであまりおすすめしません。
やはり物だとある程度の値段は分かってもお店によって値段が安く購入できるなどの利点があります。
また相手にケチと思わせないためにも高価そうなものを選んでみるなどという方法があります。
人に贈るプレゼントって気持ちが大事って言われますよね。
相手のことを思って選ぶことの気持ちの方が大切なんだと思います。
だからと言ってケチと思われてしまうようなものは贈りたくないのが本心でしょう。

 

つまり相手のために選び、なおかつある程度の値段でも高価に見えるような物を贈るのがお勧めです。

 

お金の上手な使いかたになると思います。
現金や商品券だと5000円ぐらい出さないとおかしいような贈り物でも、3000円のものにしてなるべく5000円ぐらいに見えるものを贈る、こうすることで2000円は得したことになるのです。
上手に見つければきっといいものが安く手に入る世の中なのです。