高齢者を取り巻くお金

この世の中高齢者社会と言われ何かと問題になっています。
確かにどこを見ても年齢が上の方で元気に過ごしている方をよく目にします。
でもそんな中テレビなどで問題になって取り上げられているのは高齢者を取り巻くお金についてです。

 

今高齢者の方、年金をもらっている人は多くもらえているといわれています。
私たち若い世代の人間からすればうらやましいと思ってしまうのが正直な気持ちではありますが・・・
そんな中さまざまな問題が起きています。

 

まずは普通の高齢者のお金の使い方や考え方はやはり年金を頼りに質素に生活をしていくという方が多いように思いますが・・・
事実はそんな方ばかりではないようですね。
というのもテレビでよく見る問題の一つ「詐欺
この詐欺に騙されているのは高齢者の方がほとんどです。
そしてその驚くべき被害額は数十万円〜数百万円です。
これってその高齢者の人がそれだけのお金を用することができるぐらい蓄えがあるということですよね〜
何かすごいなっていつも思ってしまいます。
詐欺にそんな風に払うぐらいなら年金いらないのでは・・・なんて思ってしまうぐらいです。

 

かと思えば富裕層の高齢者の方は立派な車に乗ったり、贅沢な生活をしたりしています。
中には老後の生活のためと蓄え続けてきているかたもいます。
これもお金の使い方の一つで、贅沢をするために頑張ってきたという方もいらっしゃいます。

 

でもそんな人でも突然高齢者貧乏になってしまったというテレビを見ました。
それはまさに今まで人並み以上の生活をしていたのに突然質素な生活に・・・
その理由がまさに突然のお金の入用ができたということなのです。

 

というのも例で話していくと夫婦で暮らしていても熟年離婚というものが起きてしまうとそこで旦那様の財産は別れる奥様に持って行かれてしまいます。
そのことにより旦那様は財産を失い貧乏になっていってしまうという状況が起きているのです。
また自分自身や家族の病気、これに関して多額のお金が必要になり貧乏な道に進むしかなくなるといったこともあるようです。
その結果満足に食事もできない、電気をつけることができない・・・などと追い込まれていってしまうのです。

 

これは高齢者だけではなく誰でも起こりうる話ではありますが・・・

 

そしてもう一つがやむなく消費者金融や銀行カードローンに借りてしまう高齢者もいます。
高齢者になると収入がないので消費者金融収入証明書不要のところで借りたり、または手を出してはいけないとわかっていても、闇金から借りてしまう人もいます。
そして悪循環の道にはまってしまい、返済ができずにいるという方もいます。

 

このようなことがあるとやはり お金は大切に使っていかなくてはならないんだということを感じます。
私たち現役の若い世代は将来の年金額がおさめた金額よりだいぶ少ないといわれているこの時代、しっかりお金の使い方を考え改めるべき点は改めていく必要があると感じました。